何問解ける?あなたの生活にちょっと役立つ豆知識 検定・雑学クイズ
TOP 出題一覧 テーマ一覧 サービス 参加方法 企業の方

[暮らし・介護]  介護クイズ  4問目

高齢者の聴覚の特性

介護クイズ
問題
高齢化に伴って耳の聞こえが悪くなる傾向があり、それを老人性難聴といいます。高い声(周波数)と低い声(周波数)では、どちらの方が聞こえが悪くなりやすい?
  【1】 高い声(周波数)
  【2】 低い声(周波数)
  【3】 どちらも同じ
【1】 高い声(周波数)
 老人性難聴とは、年齢以外に原因のない難聴と定義されています。高齢化に伴う聞こえの衰えの重要な特徴として、言葉の聞こえの悪さがあげられます。

 男性の聴力損失のほうが、女性よりもより大きいことがわかっています。高い声(周波数)ほど聞こえが悪くなり、より大きな音でないと聞こえなくなります。また、高齢者の難聴は、必ずしもすべてが老人性難聴だけではなく、他にも滲出性中耳炎、聴神経腫瘍、騒音性難聴などの原因もあります。しかも加齢が進むほど、症状の個人差は大きくなります。
 したがって、難聴を伴う高齢者とのコミュニケーションでは、ゆっくり大きな声で話すことは当然として、とくにつぎのことに注意する必要があります。

(1) 会話のテンポを少し落とし、相手の反応を待つ時間をとる
(2) すぐにつぎの話題には移らず、相手が理解したことを確認してから話す

 MY介護の広場では、80代難聴の方の聞こえ方を体験できる音声データをご紹介しています。高齢者の立場になってコミュニケーションを行える様にぜひお役立てください。

※上記解説文の内容は2014年9月現在のものです。
制度の改正等により内容が相違する場合もございますので予めご了承ください。

★参考: MY介護の広場|高齢者の聴覚特性

MY介護の広場会員登録メリット
はじめての方へ
フェイスブックページを開く
最近のクイズ出題
第32問
2016-11-30
第31問
2016-10-19
第30問
2016-09-15
第29問
2016-09-14
第28問
2016-08-23
オススメ
介護のそなえ