何問解ける?あなたの生活にちょっと役立つ豆知識 検定・雑学クイズ
TOP 出題一覧 テーマ一覧 サービス 参加方法 企業の方

[健康・美容]  フットケアクイズ  7問目

巻き爪の種類

フットケアクイズ
問題
巻き爪とは爪の端が巻いて内側に巻き込んだ状態のことですが、爪の状態を大きく分けるとどのようなタイプがあるでしょう?
  【1】 陥入爪、弯曲爪
  【2】 オーバル、ラウンド
  【3】 蹄、扁爪、鉤爪
【1】 陥入爪、弯曲爪
巻き爪とは、爪の端が巻いて内側に巻き込んだ状態のことです。爪が巻いて肉に食い込み、時には炎症を起こして、激しい痛みを伴います。

巻き爪には様々なタイプがありますが、分かりやすいように代表的な2つの変形に関してご説明いたします。


(1)陥入爪(かんにゅうそう)
爪が伸びてきた時に、爪の両脇の角が指の肉に深く食い込んだ状態を「陥入爪」(かんにゅうそう)といいます。爪が食い込んだ周囲に痛みや赤み、炎症がみられます。腫れるとさらに爪の角が肉に埋もれて悪循環になってしまいます。炎症が長く続くと、出血しやすい肉芽(にくげ)を形成します。ひどくなると、食い込んでいる部分に雑菌が侵入して化膿を起こし、さらに痛みが強くなります。

(2)弯曲爪(わんきょくそう)
爪が全体的にひどく弯曲(わんきょく)しながら伸びていった状態を弯曲爪といいます。これがいわゆる「巻き爪」の状態です。
特に爪先の方で顕著で、前方から見ると逆U字型、馬蹄形、アルファベットのCのように見えたり、爪の弯曲が強くなると「のの字」型や円形になります。変形が強くなると痛みを生じてきますが、外観の変化だけで痛みや腫れなどの症状がない方もいます。

病気や怪我と同じように、対処が早ければ早いほど効果的です。まだ痛みを感じていなくても、なにか「変だな」と感じることがあればドクターネイル爪革命にお気軽にご相談ください。

★参考: 巻き爪|ドクターネイル・爪革命


フットケアならドクターネイル
はじめての方へ
フェイスブックページを開く
最近のクイズ出題
第40問
2016-11-27
第39問
2016-10-28
第38問
2016-09-28
第37問
2016-09-23
第36問
2016-07-29
オススメ
ドランクドラゴンバカ売れ研究所での紹介映像
フットケアのビフォーアフター