何問解ける?あなたの生活にちょっと役立つ豆知識 検定・雑学クイズ
TOP 出題一覧 テーマ一覧 サービス 参加方法 企業の方

[レジャー]  アウトドアクイズ  7問目

手軽に作れる美味しい燻製

アウトドア・レジャークイズ
問題
アウトドアではもちろん、自宅でも楽しめる燻製(スモーク)。キャプテンスタッグの燻製ビギナーセットならいろんな燻製がお手軽に楽しめます。
燻製の調理方法は主に「◯◯法」「温燻法」「冷燻法」の3つがあります。さて、◯◯に入るのは次のどれでしょう?
  【1】 火燻
  【2】 熱燻
  【3】 風燻
【2】 熱燻
「キャプテンスタッグ 燻製ビギナーセット」なら素材を網のせしたり吊り下げたりもできて、さらに必要な道具がセットになっているのでお手軽に燻製にチャレンジできます。

おつまみとしても大人気、保存食にもなる燻製(スモーク)。燻製(くんせい)は、食材を燻煙(くんえん)することで保存性を高めると共に特有の風味を付加した保存食、またその調理法のことで調理法はスモーク (smoke) とも言います。

主な燻煙法として加工温度の高いものより熱燻、温燻、冷燻の3つがあります。なかでも熱燻は短時間で燻煙できるのでアウトドアに適した調理方法ですね。

◆「熱燻」
80℃を超える高温でいぶす方法。食材が加熱調理されるため手軽に出来る簡易燻煙法ともいえます。燻煙時間は10〜60分程度ですが食品の保存には向きません。

◆「温燻」
最も一般的な燻煙法で30〜60℃ほどの煙でいぶします。燻煙時間は数時間から1日程度、一般に燻製という場合はこの温燻を指す事が多いです。長時間比較的高温でいぶす為に水分が減少し、本来の保存食という意味での燻製ができます。

◆「冷燻」
15〜30℃ほどの煙でいぶす方法で大掛かりな設備が必要となります。また低温に保つ温度管理は設備だけではなく気温など気遣いが必要となり、燻煙時間も1〜4週間程度と長いため、温暖地域で初心者が燻製する事は難しいとされています。

燻製に必要な道具に燻製釜(スモーカー)と燻煙材(スモークチップ)があります。

キャプテンスタッグならチップやスモーカーの品揃えも豊富です。アウトドアはもちろん、自宅のお庭でも、秋の味覚を燻製にして楽しみましょう。

★参考: 簡単にできる!美味しい燻製づくり|アウトドアお役立ち情報
アウトドア用品webカタログ
はじめての方へ
フェイスブックページを開く
最近のクイズ出題
第36問
2016-12-01
第35問
2016-12-01
第34問
2016-11-05
第33問
2016-11-04
第32問
2016-10-01
オススメ
WEBカタログ
eキャンプクラブ