何問解ける?あなたの生活にちょっと役立つ豆知識 検定・雑学クイズ
TOP 出題一覧 テーマ一覧 サービス 参加方法 企業の方

[暮らし・自動車]  タイヤクイズ  111問目

タイヤの位置交換(ローテーション)

タイヤクイズ
問題
タイヤのローテーションとは、装着されているタイヤの取り付け位置を入れ替える作業のことです。では、位置交換をするメリットとは何でしょう?
  【1】 位置交換により制動距離がアップする
  【2】 空気圧を均一にし、車体のバランスを保つ
  【3】 摩耗度合いを均一にし、タイヤを長持ちさせる
【3】 摩耗度合いを均一にし、タイヤを長持ちさせる
タイヤは車種や装着位置などにより、摩耗の度合いが異なります。タイヤのローテーションとは、装着されているタイヤの取り付け位置を入れ替える作業のことです。タイヤの摩耗度合いを均一にし、長持ちさせるために、位置交換(ローテーション)を実践しましょう。

前輪と後輪とでは一般的に摩耗箇所が違います。
前輪は、ハンドルの操作など方向転換を伴う摩擦・負荷よってショルダー部の摩耗が起こりやすい傾向があります。
後輪は、センター部の摩耗が起こりやすい傾向があります。

ローテーションは前輪タイヤと後輪タイヤを交換することが基本です。ただし、タイヤのサイズが前後で異なる車種は、ローテーションができません。回転方向またはタイヤの取り付け方向を指定されたタイヤについては、タイヤ専門店にご相談ください。

◆タイヤ位置交換【FF車】の場合
前輪駆動のFF車は、フロントタイヤが駆動輪と操舵輪を兼ねているため負担が大きく、フロントタイヤに制動力・駆動力、コーナリングの力が集中的に働くために、リアタイヤの2倍以上も摩耗が進みます。FF車はFR車より早めに位置交換を行ないましょう。

◆タイヤ位置交換【FR車】の場合
大型車やスポーツカーに多い後輪駆動のFR車。操舵は前輪、駆動は後輪と機能を分担しており、リアタイヤの摩耗が早く進みます。

◆タイヤ位置交換【方向性パターン】の場合
方向性のあるタイヤとは、タイヤの回転方向が指定されているタイヤのことで、指定された方向に回転することによって性能が十分発揮されるようになっています。ローテーションは前後のみとし、左右の取り替えはしないようにしましょう。

◆ローテーションの時期
ローテーションは、5千kmから1万kmの走行ごとに行うのが目安と言われています。減速が多い場合や、コーナーが多い道を走ることが多い場合は、早めにローテーションを行うことをオススメします。

スタッドレスタイヤから夏タイヤへの履き替え時期にローテーションを行うと、タイヤ交換も一度に済むので効果的です。

◆ローテーション作業での注意点
はずしたタイヤに「右前」「左後」などを書いたテープを貼って、元々どの位置に装着していたタイヤであるか分かるようにしておきましょう。取り外しの作業をするうちに、元々付いていた場所がわからなくなってしまうと、目視でタイヤ表面の減り具合を確認し直さなければいけません。

摩耗が出始めたら早めに位置交換(ローテーション)を行ないましょう。

★参考: タイヤのローテーション | ダンロップ
ダンロップのスタッドレスタイヤ
はじめての方へ
フェイスブックページを開く
最近のクイズ出題
第130問
2016-11-30
第129問
2016-11-30
第128問
2016-10-21
第127問
2016-10-21
第126問
2016-09-07
オススメ
wintermaxxトップ