何問解ける?あなたの生活にちょっと役立つ豆知識 検定・雑学クイズ
TOP 出題一覧 テーマ一覧 サービス 参加方法 企業の方

[暮らし・自動車]  タイヤクイズ  119問目

最先端技術を生み出し続ける技術

タイヤクイズ
問題
ダンロップがタイヤの開発および設計を、従来の方法よりも迅速かつ精緻に行えるようになったのは、スーパーコンピュータ内でタイヤモデルを転動させ、数々の○○○○を実行できるダンロップ独自の技術があるからです。さて、○に入るのは?
  【1】 ローリング
  【2】 シミュレーション
  【3】 走る会議室
【2】 シミュレーション
タイヤの開発および設計を、従来の方法よりも迅速かつ精緻に行えるようにした「Digital Rolling Simulation (デジタルローリングシミュレーション)」は、スーパーコンピュータ内でタイヤモデルを転動させ、数々のシミュレーションを実行できるようにしたダンロップ独自の技術です。

1998年にタイヤ開発史上に残る技術と評された「Digital Rolling Simulation(DRS)」の発表からさらに加速し、2002年には「DRS?」、2006年に「DRS?」へと発展しています。これにより理論的でスピーディーなタイヤ開発を可能にしました。

例えば、走行する際に発生するタイヤの2つのノイズをシミュレーションすることにより、従来の評価方法では観察するのが難しかった音の発生源や発生メカニズムの解明が可能になりました。

また、タイヤマッド走行シュミレーションは、タイヤへの泥の粘着および排土を考慮しながら、泥濘路走行時の様子をシミュレーションする技術です。従来の実車テストでは再現が難しかった路面コンディションを安定させ、定量的評価が可能になりました。これにより、マッド走行の走行メカニズムの解明とスピーディーかつ精緻なタイヤ開発が行えるようになりました。

このように、ダンロップは車の進化とともに数々の最先端技術を創造してきました。数多くのシミュレーションからダンロップ独自の「環境」「快適」「安全」技術が誕生しています。

★参考: 最先端技術を生み出し続ける様々なシミュレーション技術 | ダンロップ
はじめての方へ
フェイスブックページを開く
最近のクイズ出題
第130問
2016-11-30
第129問
2016-11-30
第128問
2016-10-21
第127問
2016-10-21
第126問
2016-09-07
オススメ
wintermaxxトップ