何問解ける?あなたの生活にちょっと役立つ豆知識 検定・雑学クイズ
TOP 出題一覧 テーマ一覧 サービス 参加方法 企業の方

[暮らし・自動車]  タイヤクイズ  125問目

タイヤのパンクが増加

タイヤクイズ
問題
日本自動車連盟(JAF)のパンク救援は2015年度に36万件余りに達し、過去最多を記録しました。タイヤの空気圧が不足気味になると、タイヤが一気に飛散してしまうようなパンク(バースト)をおこす事があります。このようなタイヤの破裂の原因となる現象は、次のうちどれでしょう?
  【1】 ユラユラ・バーン現象
  【2】 スタンディングウェーブ現象
  【3】 ハイドロプレーニング現象
【2】 スタンディングウェーブ現象
日本自動車連盟(JAF)のパンク救援は2015年度には36万件余りと過去最多を記録しました。
車のタイヤのパンクが増えた要因として、JAFは空気圧点検がおろそかになっているとみて、注意を呼びかけています。

空気圧が低いタイヤを使用して高速走行を行うと、タイヤの接地面より後方が波状に変形してしまう事があります。これをスタンディングウェーブ現象といいます。

この現象が発生した状態で走行を続けた場合、タイヤが不規則に揉まれる様な状態になるため急速に加熱し、短時間でバースト(破裂)してしまう危険性があります。

スタンディングウェーブ現象によってタイヤが変形しても、接地面への影響があまり無いためドライバーもなかなか気づくことが出来ません。これはスタンディングウェーブ現象の恐ろしさでもあります。

走行中の激しい発熱による強度の低下、外部からの激しい衝撃による傷つきなどによって、タイヤのカーカスが破裂するようなタイヤのパンク(バースト)がおきると急激にバランスを失うため大変危険です。

タイヤのバーストは空気圧不足によるスタンディングウェーブが要因で発生する場合や、高速道路での連続走行による異常発熱が要因で発生することがありますので、空気圧を適正値(車両指定空気圧)に維持することを心がけましょう。

★参考: タイヤの点検・メンテナンスの方法|ダンロップ

ダンロップのスタッドレスタイヤ
はじめての方へ
フェイスブックページを開く
最近のクイズ出題
第130問
2016-11-30
第129問
2016-11-30
第128問
2016-10-21
第127問
2016-10-21
第126問
2016-09-07
オススメ
wintermaxxトップ