何問解ける?あなたの生活にちょっと役立つ豆知識 検定・雑学クイズ
TOP 出題一覧 テーマ一覧 サービス 参加方法 企業の方

[教育・保育]  保育士クイズ  1問目

子ども子育て支援制度

保育士クイズ
問題
幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めるべく、内閣府が「子ども・子育て支援制度」をスタートしたのはいつでしょう?
  【1】 2010年4月
  【2】 2012年4月
  【3】 2015年4月
【3】 2015年4月
2015年4月から全国一斉に「子ども子育て支援制度」がスタートしました。この新制度により保育所や認定子ども園など施設の利用形態が大きく変わります。特に認定子ども園(幼保連携型)でお仕事する場合には働く人の要件も変わってきます。

大きな変更点として、認定子ども園でお仕事する際は「保育教諭」と名称が変わります。名称以外にも保育教諭としてお仕事する為には「保育士資格」と「幼稚園教諭免許状」を所持する事が必要になります。

◆子ども・子育て支援新制度とは?
平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法に基づく制度のことをいいます。消費税率引上げによる増収分を活用して、子育てを社会全体で支える制度です。

今までの子どもを預ける環境は、親が働いていたら保育所、働いていなかったら幼稚園という考え方でした。親の就労の変化によって、子どもが慣れ親しんだ園を転園しなくてはならなかったということです。

新制度では、地域の実情に応じて「認定こども園」の普及を図るほか、待機児童が特に多い0〜2歳の子どもを少人数で保育する「地域型保育」ができました。

◆認定こども園
認定こども園は、「満3歳以上の教育時間相当利用時及び教育及び保育時間相当利用時の共通の4時間程度については学級を編制」しているというのが特長です。3歳以上の子どもは、保護者の就労の有無や状況の変化に関わりなく、継続して通い続けることができます。(0歳〜2歳の場合は、共働き世帯、親族の介護などの事情で、家庭で保育のできない保護者が利用できます。)

◆地域型保育
地域型保育は、少人数の単位で0〜2歳の子どもを保育する、市区町村の認可事業です。共働き世帯、親族の介護などの事情で家庭で保育のできない保護者が利用できます。夕方までの保育のほか、園によっては延長保育を実施できます。

★参考: 認定子ども園の保育教諭とは?|エンパワー・サポート
はじめての方へ
フェイスブックページを開く
最近のクイズ出題
第2問
2017-10-13
第1問
2017-01-23
オススメ
石川県求人情報センター