本文の開始

[ 近畿エリア ] 和歌山県のご当地クイズ 5問目の正解

【和歌山県クイズ】 お燈まつり

quiz
クイズの設問

熊野三山の一つ熊野速玉大社で毎年2月6日夜に行われる奇祭「お燈まつり」。男達が駆け下りる石段は何段?

【1】 365段
【2】 538段
【3】 666段

【1】 三古湯 (日本三古湯)

 熊野地方に春を呼ぶ火祭り、神倉神社の「お燈まつり」は毎年2月6日夜、行われます。
 熊野年代記には、西暦574年(敏達天皇3年)正月二日に神倉山が光を放ち、翌年正月六日夜、神倉火祭り始まると記されており、歴史ある炎のみそぎ神事で県無形文化財に指定されています。
 熊野三山の一つ熊野速玉大社の摂社・神倉神社は、日本書紀に天ノ磐盾と呼ばれたゴトビキ岩がご神体。素朴な自然崇拝の原点で、熊野三山の神々降臨の霊山といわれています。ここを舞台に、2000人前後の上り子が、白装束に荒縄を胴に巻いたいでたちで、五角錐の松明に御神火を受け、一年の家内安全などを祈願。急峻な538段の石段を駆け下りる奇祭で、その様は、「お燈まつりは男の祭り、山は火の滝くだり竜」と新宮節に唄われています。
 神倉神社は、お燈まつり当日だけ女性の入山は禁止されています。

 ★参考サイト:白浜観光協会 南紀白浜温泉

前の問題へ 和歌山県クイズのTOPへ 次の問題へ
検定・雑学クイズに参加してみよう




ページの終了